つくろう、島の未来

世界で6番目に広い海に浮かぶ日本は、6,852の島からなり、本土5島と約400島の離島に人々が暮らしています。

世界有数の大都市や、多種多様な町や村がある日本のなか、離島地域には都市部から失われかけている(あるいは失われてしまった)「豊かな自然」や「多様な風土」、「人と人のつながり」が色鮮やかに存在しています。

NPO法人離島経済新聞社(通称:リトケイ)は、日本の有人離島にフォーカスし、島々の「地域づくり」や「未来づくり」を支えるプラットフォームを運営。

有人離島専門メディア『ritokei(リトケイ)』をウェブ版、フリーペーパー版として発行しながら「地域づくり」や「未来づくり」に関する情報を発信するほか、地域づくりのサポートや人材育成事業を行っています。

リトケイは「日本の縮図」といわれる離島地域から、日本の課題や価値を見つめ、小さな島々の未来づくりから、日本の未来を築いていきます。

>> WEB版『ritokei』はこちら

NPO法人離島経済新聞社の活動は、離島地域に暮らす人をはじめ、離島地域のご出身者、縁故者、ファンなど、島に想いのある読者の皆様からいただく会費やご寄付、企業・団体さまとの事業により成り立っています。

>> サポーター会員・ご寄付詳細はこちら
>> 企業・団体さまとの事業詳細はこちら