10月22日にリトケイは活動10周年を迎えます

こんにちは、統括編集長の鯨本あつこです。
離島経済新聞社の公式サイトにお立ち寄りいただきありがとうございます。

2020年10月22日に離島経済新聞社は活動開始から10年を迎えます。

離島経済新聞社の活動は、立ち上げから3年あまりを株式会社離島経済新聞社(現・株式会社リトルコミュニティラボ 代表取締役 鯨本あつこ)が主体を担っていましたが、より公共に開いた活動を展開していけるよう2014年にNPO法人化し、今日まで活動を継続してきました。

そのため、この「10周年」にはNPO法人化以前の活動も含めた期間も含まれますが、立ち上げから2015年まで代表を務めた私と、2010年に共に離島経済新聞社を共に立ち上げ、2015年から現在まで代表を務める大久保昌宏にとっては、切れ目なく続いてきた年月でした。

2010年に離島経済新聞社を立ち上げるきっかけとなった広島県の離島・大崎上島での一枚。大久保(右)と鯨本(左)含む数名の仲間の間から、離島経済新聞社はスタートしました

島という存在に心惹かれた10年前のあの日から、今日まで活動を続けてこられたことは非常に感慨深く、10年間の月日の中で出会ってきた島の皆さまや、読者の皆さま、サポータの皆さま、関係者の皆さま、支えてくれるスタッフ一同に改めて感謝を申し上げます。

10年の節目を迎える2020年はコロナ禍という世界的な危機にも直面し、島々はもちろん日本中が混乱と変動の最中に置かれました。そのような中でも、活動が継続できていることに感謝し、民間NPOとして島々の未来にしっかりと貢献していけるよう、元気に活動して参ります。

今後とも離島経済新聞社を応援いただけますようお願い申し上げます。

2020年10月22日
離島経済新聞社 統括編集長 鯨本あつこ

この記事を書いた人